タグ: 管轄

自己破産手続きと債務整理

債務整理で自己破産手続きを行うと、破産者は所有する不動産や現金、有価証券、預貯金その他、裁判所が指定する財産の内容を記載した書面を裁判所あてに提出する必要

破産者やその代理人は破産管財人の求めに
応じて破産者の財産や内容、破産に至った経緯などを
説明する義務があります。
これを怠ると、免責不許可となり犯罪とされます。


“自己破産手続きと債務整理” の詳細は »