タグ: 工作物

割賦販売とあっせんと債務整理

契約を締結するか否かの重要な判断材料となる一定の 条件を書面により提示することがポイントのひとつです

(立替払い)・・・・
消費者が商品を購入した際に、信販会社等が商品を
購入した消費者に代わって販売業者に代金を一括して支払い
消費者は信販会社等に対して分割で支払うもの。
個品割賦購入あっせん・・・
特定の商品を対象に立替払い契約をするもの
総合割賦購入あっせん・・・
あらかじめ信販会社と立替払いの上限額を決めておき、
その上限範囲内であれば商品などは限定しないもの
前払式特定取引
・・・・・・・・
毎月一定額の会費等を支払うことで、
サービスや商品の提供などを受けるもの。
書面の交付義務・・・・・・・・
割賦販売業者、ローン提携販売業者、割賦購入あっせん業者は、
契約を締結(あるいは申込み)した場合には、
法定記載事項を記載した契約(申込み)書面の
交付が義務付けられています。
契約を締結するか否かの重要な判断材料となる一定の
条件を書面により提示することで、
購入者となる消費者が自由意思の形成や
判断をするために必要不可欠だからです。
民法の原則に基づけば、一旦契約を結んでしまった以上は、
一方的に契約の申込みを撤回・解除す
ることは認められません。
しかし、事業者と消費者間で結ばれる消費者契約の多くは、
両者が対等の立場にあるとは言いがたいとされています。
そこで、割賦販売法では消費者が不当な不利益を受けないよう、特商法と同様にクーリング・オフ
制度による一方的な無条件契約解除を認めているのが
クーリングオフなのです。
たとえば・・・・・
権利の行使により、既に施設の利用、サービスの
提供がされていても、その対価を支払う必要はない。
事業者は契約に関連して受領している金銭があれば、
速やかに、返還しなければならない。
土地・建物等の不動産やその他の工作物が
変更されてしまっている場合、消費者は事業者に対して、
無償で現状に戻すよう請求することが出来る。

(立替払い)・・・・

消費者が商品を購入した際に、信販会社等が商品を

購入した消費者に代わって販売業者に代金を一括して支払い

消費者は信販会社等に対して分割で支払うもの。

個品割賦購入あっせん・・・


“割賦販売とあっせんと債務整理” の詳細は »