サラ金の過払い実態はこうなんだ

払い過ぎた金利で悩む人も多いことでしょう。
この払わなくてよいお金=金利であるもの。
これを過払い金といいます。

消費者金融各社の累積している過払い金は・・・

いくら位だと思いますか?

驚くことに10兆円以上と推計されています。
「そんなに払いすぎがあるって、取り戻せないんじゃ・・?」

この過払い金は、実際はもっと大きい数字であることが分かっているのです。

とみなさんは思われることでしょう。
結論からいうと答えは「NO」です。
消費者金融もこれがとりすぎの金利=違法な金利から生じたものであることを認識していながら

それを利益として大きくなっているわけですから、

訴訟を起こせば必ず勝てる、というのもうなずけます。
払いすぎた金利は不当なもので払う必要がなかったもの。
還ってくるべきものなのです。

年間変換されている過払いは1兆円弱になるという統計もあるのですが、まだまだ全回収のレベルには
遠いと言うのが現実でしょう。
「払うべきものではない金利」を債務者は払わされているのです。「利息制限法」に基づいて熟知しているため、訴訟を起こせば必ず勝ててしまうということになっているのです。

すくなくとも7年以上返済をしている利用者なら、払いすぎの金利を払っていることに間違いないでしょう。

まずは司法書士などの専門家に依頼して、
取引の履歴を出してもらいましょう。
強い意志をもって臨むことです。
履歴を出したがらない金融業者の場合、
あなたの払うべき分は終わっているか、払いすぎの過ぎ払金があるとみていいでしょう。

きちんとした計算の上、取引履歴を出してもらうことを訴えてください。この場合個人よりも、弁護士や司法書士に履歴を取り寄せる代行を依頼する方がスムーズです。

«
 

トラックバック URL

コメントを書き込む