過払い金返還の割合とローンのある債務整理

交渉によって過払い金の返還を受けたとき・・・・金融業者の主張の元金の1割相当額と
過払い金の2割相当額の合計額が目安です。

個々の金融業者と和解が成立するたびに金融業者に対する報酬金を請求することも可能です。

例1:着手金10万+成功報酬10万+減額分10%+過払い返還分20%
例2:金融業者の主張の元金&和解金額との差額の
1割相当額等

専門家の手腕や経験も重要ですので、
弁護士・司法書士が借金問題や債務整理に特化している債務整理に実績、豊富な経験がある弁護士・司法書士を選ぶようにしましょう。

○ローンがある債務整理
住宅ローンの返済中に債務を背負った場合はどのように処理をしていけばいいでしょうか。

任意整理や個人再生といった債務整理を実施することができます。しかし、任意整理は担保権者である金融業者が抵当権を実行して住宅を差し押さえされることもあります。

住宅を残したまま任意整理をするのは難しいといえます。
当然ながら、任意整理後に住宅ローンは組むのは難しくなってきます。なぜなら、任意整理をするとブラックリストに登録されるためです。

住宅ローン審査に通りたい場合は任意整理後、おおよそで5~7年はかかります。
ブラックリストに登録されると、その期間は住宅ローンの融資を受けることや、クレジットカードの利用も出来なくなります。

ローンだけに限らず、ブラックリストに載りますのでおよそ5~7年間はその他の自分名義のクレジットカードを作ったり、新たな借入をすることができなくなります。

「債務整理」とは借金を整理すると言う意味があります。
借金の整理方法は4つの方法・・・任意整理・個人再生・自己破産・特定調停があります。

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む