多重債務とはどんなこと?

消費者金融で多く聞かれる「多重債務」。どうしてこのようになってしまうのか?

多重債務についての仕組みを知っておくことが、大事になります。

多重債務とは、字のごとく「債務を多く背負っている」ことで多重債務者とは複数に借入を行っている人を指します。

では住宅や自動車のローンを抱えてえいる人も多く、
言いかえればこちらもいわゆる借金なのですが、この方たちは多重債務者とは呼ばれません。
その違いはどこにあるのでしょうか?

多重債務者とは多くの債務を負っている中でも、
「複数の消費者金融」「不当なヤミ金融」から借り入れをして返済をしているものをさします。

ですから一般サラリーマンが車や住宅を多数の金融機関からかりてローンを払うのとは、別物になります。
(消費者金融でお金を借りて住宅を買う人や車を買う人はほとんどいないと思います)

現状消費者金融に、債務を負う人々は200万人ともいわれそのうちのほとんどは、返済に苦しんでいる状態です。

また全体の4割近くが、複数の消費者金融から借金をしているという現実もあります。
消費者金融の利用者は全体で1500万人を超えている中で、
実に多くの人が、多重債務を抱えていることになります。
では、その用に多くの人があてにしてしまう消費者金融とはどんなものなのか?ということを見ていきましょう。

銀行や金融機関からの融資を受ける場合は、
担保や保証人が必要になり、信用力がもとになって貸し付けが行われるのが普通です。
それをもとに信用の基礎を調査したうえで、金融機関の貸付は決まりますが、
担保となるものや、保証人がいない場合、または緊急に融資を必要とする場合なども存在します。
また信用力に欠け、各種金融機関から融資を受けることができない人は、どうしてもお金を都合することができなくなります。

また必要な金額が少額な場合も、この信用調査などはタイミング的に、合わないとされる方もいます。
このような時に、上記のような手続きを踏まずに融資をしてもらえるのが「消費者金融」です。
担保不要、即日融資が可能で、一般金融から融資を受ける
ことができない人にとって「すぐに手にすることができるお金」

があるということで、手軽に利用してしまう面があります。
消費者金融はイメージ的に「サラ金」と呼ばれることからもわかるように、あまりクリーンなイメージはありません。

過剰融資、高金利、強引な取り立て、といったものが関連し、
マンガやテレビドラマでも「悪役」的なポジションを占めているのは事実でしょう。
では、一般的にここまで利用が多くなった背景には、どんなことがあったのでしょうか?
その続きはまた。

自己破産を相談できる横浜のプロの評判
裁判所とで働く人は公務員です。市役所などではたく方となんらかわりません。
怖くないということを申し上げたいです。
www.amis.cc/voice.html

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む