過払い金を取り戻すことは簡単?

過払い金請求は特に専門家でなくてもご自身で行うことが可能です。
履歴を取り寄せ、引き直し計算を行うと過払い金額は出てきます。

しかし、専門家に依頼する人が多いのは、
下記のような過払い金における争点を
論破するほどの知識がないからではないでしょうか?

実は、過払い金にはいまだに多くの争点、つまり決着のついていない争いがあります。
今でも決着のついていない過払い金の争点として、今日は2つほど指摘してみましょう。

まずは、過払い金の利息です。

これは、悪意の受益者に該当するかどうかという争いです。
貸金業者はほぼ100%争ってきます。

この争点は、比較的勝ちやすい争点かと思われます。
ただし、悪意の受益者ではないとされた裁判例もあることから、
的確な反論をしないと負けてしまうでしょう。

また最近多くの貸金業者が主張してくるものとして期限の利益喪失というものがあります。
これは、返済日に1日でも遅れた場合は、一括で返済する義務が発生し、
その後は、遅延損害金利率(多くの場合は通常の利率よりも高い)で計算をするべきだと言う主張です。

これは、最近激しく争われている争点であり、裁判所の判断も割れているのが現実です。
貸金業者からの主張に対して、相当に綿密な反論をしないと負けてしまう可能性が高いでしょう。

その他にも、過払い金の返還請求には、いくつも未解決の争いがあります。
ご自身で行う際は、貸金業者からのこういった主張に1個1個確実に反論し
相手も言い負かさなければ、取り戻す過払い金が大きく減ってしまうことになるでしょう。

過払い金を請求するということと、取り戻せるということとは、違うと言うことですね。

«
 

トラックバック URL