信用情報は過払い金の請求で傷つかず

過払金請求したいけど、気になる事がある。そう!過払金請求したら信用情報に登録されるのか?手続を検討中の方は気になることだと思います。

結論からいえば、過払金請求をしても、信用情報に登録されることはありません
しかし、気をつけなければならない事もありますので、少しお話しましょう。

まず、既に完済している場合には、過払金請求をしても、信用情報に登録されることはありません。つまり、完済後の過払金請求によるデメリットは一切ありません。ご安心下さい。

次にお借入の残高が残っている状態で、司法書士等の専門家から貸金業者に通知を送ると、一時的に『専門家に依頼した』との情報が登録されます。しかし、その後に過払金が発生していることが判明し、その過払金を返還するとの和解が成立することによって、事故情報が削除されるわけです。

しかし、これがもし引直計算によっても過払金が発生していない、つまり、債務が残っている状態であれば、その残っているお借入を通常であれば分割払いするとの和解契約をすることになります。この手続は、任意整理というおてつづきになりますので、信用情報に『債務整理』としての事故情報が登録されます。

したがって、まだお借入のある状態で過払金請求をする場合、法定利息での引直計算により過払金が発生していれば信用情報に傷が付くことはないものの、もし、お借入が残ったとすれば「債務整理」として信用情報に登録されることなってしまいます。

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む