アーカイブ: 2010年2月

債務を整理することと裁判事例について

しかし、もともと過払い金は、利用者であるあなたが支払ってきたお金です。 全額返してもらう権利があるのに、なぜ、5割で和解しなければならないのでしょうか?

ひとつの事例を見てみましょう。

平成18年の裁判では、昭和58年9月に初めての取引があってから3年半経った昭和62年3月の時点で、

すでに過払いとなっていたものの、平成14年1月末までの約15年にわたって、過払い状態を続けて返済をさせていました。

この場合、過払い金の額はいくらくらいになったと思いますか?


“債務を整理することと裁判事例について” の詳細は »

多重債務とはどんなこと?

多重債務者とは多くの債務を負っている中でも、「複数の消費者金融」「不当なヤミ金融」から借り入れをして 返済をしているものをさします。

消費者金融で多く聞かれる「多重債務」。どうしてこのようになってしまうのか?

多重債務についての仕組みを知っておくことが、大事になります。

多重債務とは、字のごとく「債務を多く背負っている」ことで多重債務者とは複数に借入を行っている人を指します。


“多重債務とはどんなこと?” の詳細は »

過剰貸付のリスク負担をとります

日本では、借金をした場合、本人だけの問題ではなく、必ず親族等の関係者にもその影響が波及するシステムになっており、仮に返済が滞った場合、本人だけでなく親族にも苦しみが伴うことも決して少なくない。

日本では、借金をした場合、本人だけの問題ではなく、必ず親族等の関係者にもその影響が波及するシステムになっており、仮に返済が滞った場合、本人だけでなく親族にも苦しみが伴うことも決して少なくない。借金した者は自分のことばかり考えるのではなく、周りの人間にも迷惑をかける可能性があることを考えるべきである。特にサラ金の場合、当初の借入金額が少額であっても、返済額が多額になり、終局的には自殺を考える借り手も決して少なくない。そうならないためにも、今すぐにでもサラ金から借金をするのをやめるべきある。


“過剰貸付のリスク負担をとります” の詳細は »