過払金請求を専門家に依頼するメリットとデメリット

過払金の請求は本人にも可能ですが、専門家に依頼すると様々なメリットがあります。

過払金の請求はご本人でも可能です。
しかし、専門家い依頼する人が多いと思います。
“過払金請求を専門家に依頼するメリットとデメリット” の詳細は »

すっかり秋になりましたね!

一年でもっとも過ごしやすい季節の秋、せっかくの行楽シーズンなので、どこに行こうかと計画中です。

台風が何回か日本列島を通過し、すっかり夏を運び去っていきました。一番過ごしやすく、活動するにも一番いい季節の秋!


“すっかり秋になりましたね!” の詳細は »

信用情報は過払い金の請求で傷つかず

過払金請求をしても、信用情報に登録されることはありません。しかし、気をつけなければならない事もあるので注意しましょう!

過払金請求したいけど、気になる事がある。そう!過払金請求したら信用情報に登録されるのか?手続を検討中の方は気になることだと思います。

結論からいえば、過払金請求をしても、信用情報に登録されることはありません
しかし、気をつけなければならない事もありますので、少しお話しましょう。


“信用情報は過払い金の請求で傷つかず” の詳細は »

サラ金の過払い実態はこうなんだ

すくなくとも7年以上返済をしている利用者なら、払いすぎの金利を払っていることに間違いないでしょう。

払い過ぎた金利で悩む人も多いことでしょう。
この払わなくてよいお金=金利であるもの。
これを過払い金といいます。

消費者金融各社の累積している過払い金は・・・

いくら位だと思いますか?


“サラ金の過払い実態はこうなんだ” の詳細は »

過払い金返還の割合とローンのある債務整理

住宅を残したまま任意整理をするのは難しいといえます。当然ながら、任意整理後に住宅ローンは組むのは難しくなってきます。

交渉によって過払い金の返還を受けたとき・・・・金融業者の主張の元金の1割相当額と
過払い金の2割相当額の合計額が目安です。

個々の金融業者と和解が成立するたびに金融業者に対する報酬金を請求することも可能です。


“過払い金返還の割合とローンのある債務整理” の詳細は »

割賦販売とあっせんと債務整理

契約を締結するか否かの重要な判断材料となる一定の 条件を書面により提示することがポイントのひとつです

(立替払い)・・・・
消費者が商品を購入した際に、信販会社等が商品を
購入した消費者に代わって販売業者に代金を一括して支払い
消費者は信販会社等に対して分割で支払うもの。
個品割賦購入あっせん・・・
特定の商品を対象に立替払い契約をするもの
総合割賦購入あっせん・・・
あらかじめ信販会社と立替払いの上限額を決めておき、
その上限範囲内であれば商品などは限定しないもの
前払式特定取引
・・・・・・・・
毎月一定額の会費等を支払うことで、
サービスや商品の提供などを受けるもの。
書面の交付義務・・・・・・・・
割賦販売業者、ローン提携販売業者、割賦購入あっせん業者は、
契約を締結(あるいは申込み)した場合には、
法定記載事項を記載した契約(申込み)書面の
交付が義務付けられています。
契約を締結するか否かの重要な判断材料となる一定の
条件を書面により提示することで、
購入者となる消費者が自由意思の形成や
判断をするために必要不可欠だからです。
民法の原則に基づけば、一旦契約を結んでしまった以上は、
一方的に契約の申込みを撤回・解除す
ることは認められません。
しかし、事業者と消費者間で結ばれる消費者契約の多くは、
両者が対等の立場にあるとは言いがたいとされています。
そこで、割賦販売法では消費者が不当な不利益を受けないよう、特商法と同様にクーリング・オフ
制度による一方的な無条件契約解除を認めているのが
クーリングオフなのです。
たとえば・・・・・
権利の行使により、既に施設の利用、サービスの
提供がされていても、その対価を支払う必要はない。
事業者は契約に関連して受領している金銭があれば、
速やかに、返還しなければならない。
土地・建物等の不動産やその他の工作物が
変更されてしまっている場合、消費者は事業者に対して、
無償で現状に戻すよう請求することが出来る。

(立替払い)・・・・

消費者が商品を購入した際に、信販会社等が商品を

購入した消費者に代わって販売業者に代金を一括して支払い

消費者は信販会社等に対して分割で支払うもの。

個品割賦購入あっせん・・・


“割賦販売とあっせんと債務整理” の詳細は »

債務整理と改正ポイント

基本は自分の得ている収入の1割程度と覚えおかないと、債務整理することになってしまいますよ

2006年の12月に成立した法律で、最も重要な、
(1)上限金利の引き下げ
(2)総量規制の導入の適用
が制定されました。
これにより上限金利は最高で20%となり、それ以上の利子は無効で
刑事罰の対象となります。さらに個人については年収の3分の1まで
(複数の会社から借りている場合は合算して)しか借りられなくなります。
「返済能力を超える借金をさせてはいけない」ということです。
次の規制が加わりました。
1.キャッシングは年収の1/3を超えてできない。
2.キャッシングのときに年収を証明するものが必要。
3.専業主婦は以下の書類が必要。
a.夫婦であることを証明できる住民票、戸籍など。
b.ご主人が借入することに同意する同意書。
基本は自分の得ている収入の1割程度と覚えておいてください。
以下は貸金業を営む上でやらねばならない、保管せねばならない事項です。
取扱債権に関し、債権回収会社が訴訟、調停、和解、強制執行、担保権の
実行その他の手続の当事者となった場合、その概要及び結果を記録したもの(訴訟等記録簿)
取扱債権に関し、債務者等との交渉の経過を記録したもの(交渉記録簿)
受取証書(15条)の写しつづり
債権証書の入手状況及び返還状況を記録したもの(債券証書入手状況記録簿)
請求額等記録簿
請求額等記録簿関係資料つづり
ヤミ金融に対する罰則最高刑を、懲役5年から懲役10年に強化する(この部分は公布から1か月後に施行された)。

2006年の12月に成立した法律で、最も重要な、

(1)上限金利の引き下げ

(2)総量規制の導入の適用

が制定されました。

これにより上限金利は最高で20%となり、それ以上の利子は無効で

刑事罰の対象となります。さらに個人については年収の3分の1まで


“債務整理と改正ポイント” の詳細は »

債務整理は怖くない!

アリ地獄のような多重債務に苦しむ債務者を救済する手続きが「債務整理」

「借りたお金をキチンと返さなければ・・・」

そう考えて生活を切り詰め、何とか借金の返済を続けていても、法定金利に違反した高利での借金の元金はなかなか減りません。むしろ、借金を返すために、また違う貸金業者へ借金をするような生活は悪循環です。そんなアリ地獄のような多重債務に苦しむ債務者を救済する手続きが「債務整理」になります。


“債務整理は怖くない!” の詳細は »

自己破産手続きと債務整理

債務整理で自己破産手続きを行うと、破産者は所有する不動産や現金、有価証券、預貯金その他、裁判所が指定する財産の内容を記載した書面を裁判所あてに提出する必要

破産者やその代理人は破産管財人の求めに
応じて破産者の財産や内容、破産に至った経緯などを
説明する義務があります。
これを怠ると、免責不許可となり犯罪とされます。


“自己破産手続きと債務整理” の詳細は »

債務整理の手続きの一つ、再生手続きとは?

債務整理の手続きの一つ、再生は自己破産のデメリットである、資格制限を受けずに手続きできます。

任意整理と個人再生の比較で個人再生のメリットを
見ていきましょう。

任意整理は多額の借金を背負っている場合、
返済に長期かかることとなり、
債権者との間で個別の合意を成立させることは
なかなか難しくなります。


“債務整理の手続きの一つ、再生手続きとは?” の詳細は »

« 過去の記事